キャラバンコーヒーについて

キャラバンコーヒーの誕生

『キャラバンコーヒー』は昭和3年(1928年)、横浜 馬車道で創業しました。
当時の屋号は「ミカドヤ商店」、横浜一の繁華街であり内外の外交官や貿易商で賑う商店街の輸入食品と自家焙煎コーヒーの店としてスタートを切りました。
当時輸入食品や自家焙煎のコーヒーを扱う店舗は港町横浜でも大変珍しかったそうです。

創業者 永田 一郎は取扱商品の中で、特にコーヒーの香りと風味の素晴しさに魅せられ、独学で研究を重ね、産地による風味の違いや焙煎・配合(ブレンド)による味創りで、限られた原料を最大限に活かした”ブレンドコーヒー”の開発を進めました。

モカやサントスといった積出港の名前に由来したコーヒーが主流の時代、独自のブランドとして命名したのが『キャラバン(Caravan)』ブランドでした。
東アフリカやアラビア半島で収穫されたコーヒーが麻袋に詰められ、ラクダの背中に積まれ砂漠の中を積出港に向けて『隊商(Caravan)』によって運ばれて行く姿、決して早くはないけれど堅実に実直に進む『Caravan』のイメージを、日本人にとってまったく新しい飲み物であったコーヒーを啓蒙、販売して行く長い道程に重ねていたに違いありません。

ミカドヤ商店ではコーヒーは『キャラバンブランド』、食品はバルクで輸入されたオリーブオイルを瓶詰めにし『キャメルブランド』で販売をするなど、創業者のアイディア溢れる商品開発で順調に業績を伸ばしていました。

1930年代に入り、コーヒーは最初のブームを迎え大都市にはコーヒーを提供する店も増え、一般市民にも身近な飲み物になりつつありました。
しかし、1938年には戦時下体制の強化によりコーヒーの輸入規制が開始され、1942年には輸入が完全に途絶え、1944年には業務を中断、終戦後の1947年本社を横浜山下町に移し、営業を再開しました。

1950年、コーヒーの輸入再開、1960年にはコーヒーの輸入が完全自由化され日本のコーヒー産業も急速に成長、「ミカドヤ商店」も西ドイツ(当時)から最新式の焙煎機を導入し、急増する消費に対応、「コーヒー専門メーカー」として成長を続け、1970年、コーヒーのブランド名を社名に変更し『キャラバンコーヒー株式会社』として新たなスタートを切りました。

1928年
横浜馬車道にミカド商店を開業。食料品店としてスタート。店内でコーヒーを焙煎して販売。
1937年
キャラバン缶詰コーヒーをドイツ向けに輸出。
1944年
コーヒーの輸入が全面的にストップし、業務中断。
1947年
本社を山下町に移し、喫茶部門から営業を開始する。
1956年
西ドイツから高速熱風焙煎機を輸入。
1970年
西ドイツのプロバット社からフルオートマティックの焙煎機を輸入。
1971年
社名をミカドヤ商店から、キャラバンコーヒー株式会社に変更。東京国立市に挽き売りコーナー第一号店を出店。
1980年
横浜市金沢区に無公害焙煎工場が完成。
2001年
「グァテマラ.カップオブエックセレンス」
オークションで2農園のコーヒーを落札。
本格的なスペシャルティーコーヒーへの取り組みを始める。
2006年
東京都南青山に本社移転。社名をユニマットキャラバン株式会社に変更。
2014年
社名を株式会社ユニマットプレシャスに変更。