• 2019年 05月
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  
    今日
    ◆ 4月25日13:00までのご注文
    ⇒4月26日までに発送
    ◆ 4月25日13:00以降のご注文
    ⇒5月8日より順次発送
    ※ 弊社休業日 4月27日〜5月6日
    詳細はこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−

フランス生まれの紅茶

キャラバンコーヒーの商品と一緒に

ご注文いただけます

  • 北海道小樽工場直送!

    焙煎したてのコーヒーをお届け

  •  
    コーヒーサイフォンの仕組みとは | キャラバンコーヒー

    コーヒーサイフォンの仕組みとは

    コーヒーサイフォンの仕組みとは

    みなさんはコーヒーサイフォンというものをご存知でしょうか。コーヒーサイフォンは気圧によってお湯を移動させる仕組みでコーヒーを淹れることができるコーヒーマシンの1つで、見た目にも楽しく本格的なコーヒーが淹れられるとあって根強い人気があります。ここではコーヒーサイフォンの魅力や使い方などについてご案内します。

    コーヒーサイフォンとは

    コーヒーサイフォンはガラス製の容器の間をお湯が移動し、気圧を利用して抽出するコーヒーマシンです。コーヒーを淹れる方法として一般的なのは上からお湯を注ぐドリップ式ですが、サイフォン式はこれとは全く違う方法でコーヒーを淹れる仕組みになっています。
    コーヒーサイフォンの構造は上下2種類のガラス容器で構成されており、下側の容器に水を入れて沸騰させ、蒸気圧によって上側の容器にお湯を移動させます。そして火を止めると膨張していた水蒸気が水に変わり、減圧とともに上の容器にあったお湯がまた下の容器に移動していきます。上の容器にフィルターと粉をセットしておくと、お湯が移動する際に抽出が行われ、コーヒー液だけが下の容器に戻るというユニークな淹れ方で、まるで理科の実験をしているような感覚でコーヒーを作れるのが特徴です。

    コーヒーサイフォンのパーツ

    コーヒーサイフォンの本体は主に下ボール(フラスコ)、上ボール(ロート)の2つのガラス容器で構成されています。この2つは取り外すことができ、ゴムパッキンで接続したり外したりして使用します。それからフラスコを固定するスタンドがあり、沸かしている間やカップに注ぐ際にはスタンドにフラスコを取り付けて使用します。
    上ボールにはコーヒー豆を濾す丸いろ過器とろ過布を取り付けます。また付属品として熱源(アルコールランプやビームヒーター)があり、コーヒー豆を撹拌するための竹べら、コーヒー豆を軽量するスプーンなどもあります。コーヒーサイフォンを購入すると、これらのパーツはすべて付属されていますので、すぐコーヒーを楽しむことができるでしょう。

    コーヒーサイフォンの使い方

    それでは実際にコーヒーサイフォンを使って美味しいコーヒーを淹れてみましょう。ポイントは上ボールのセットのタイミングと、竹べらでの撹拌作業と言えます。

    ,湯を沸かす

    下ボール(フラスコ)に、人数分の水を入れてアルコールランプなどで火にかけます。

    ⊂絅棔璽襦淵蹇璽函砲縫侫ルターをセットする

    お湯を沸かしている間に、上ボールにフィルターをセットしておきましょう。フィルターや上ボールは、事前に温めておくとさらに美味しくコーヒーを淹れることができます。

    J瓦鯑れて上ボールをセットする

    お湯が沸騰してきたら、上ボールの中にコーヒーの粉を入れ、下ボールに接続します。やけどなどに注意しましょう。

    い湯が上がってきたらへらで撹拌する

    しばらくするとお湯が上がってきますので、竹べらで粉とお湯をまんべんなく撹拌しましょう。混ぜすぎには注意し、さっと数回回すように混ぜれば大丈夫です。そのまま30秒から1分待ち、しっかり抽出させてください。

    ゲ个鮖澆瓩萄禿抒富造垢

    火を止めたらお湯が落下しやすくなるように再度撹拌します。ここでも混ぜすぎには注意してください。

    Ρ佞落ちきったら出来上がり

    しばらくするとフラスコ内の圧力が下がり、コーヒー液が下のフラスコに落ちてきます。完全に落ちきったら上のボールを外し、スタンドごとに持ってコーヒーカップなどへ入れて出来上がりです。

    いかがでしょうか。コーヒーサイフォンはコーヒーの味わいを楽しむだけではなく、淹れる過程も楽しめるおすすめのアイテムです。上記を参考にぜひコーヒーサイフォンを試してみてはいかがでしょう。

    ページトップへ

    ページトップへ